out
 

トップ > ROYAL COPENHAGEN > プレート

プレート

Royal Copenhagen

Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)

今から240年前の1775年に北欧デンマークで王位の工房として開窯したロイヤルコペンハーゲン。1779年には国王クリスチャン7世とユリアナ・マリア皇太后により「ロイヤルコペンハーゲン」王室御用達窯となりました。 真っ白な磁肌に美しいブルーで施された青花文様のスタイルは、17世紀よりヨーロッパに伝わる中国陶磁器の野菊の文様を様式化し、さらにブルーの色調を進化させたもので、現代に至るまで作り続けられるロイヤルコペンハーゲンの代名詞として生き続けています。製品の裏のマークは、ロイヤルコペンハーゲンの歴史を主張するデンマークを囲む3つの海峡を表す3本の波線、その上には王室御用達を意味する王冠が輝いています。マークは時代とともにその形を変化させており、その製品の足跡を辿ることができます。


バックスタンプについて
ロイヤルコペンハーゲンの全製品の裏側には、ブランドマーク、アーティストのサイン、シェーブナンバーが記されており、実はこの裏側のロゴを見ると、製品が何年に製造されたのか分かるようになっています。
1935年から1949年までは1年ごと順に「ROYAL COPENHAGEN」のアルファベット文字の上に線(点)が入っています。

1950年から1968年までは順番に「ROYAL DENMARK COPENHA」の下に線が入っており、1969年〜1974年は”G”、1975年〜1979年は”E”、1980年〜1984年は”N”の文字の下に線が入っています。5年ごとにバーの位置が変わります。
1985年以降は2文字の上か下に線が入り、ROYALの場合は上に、COPENHAGENの場合は下に線が入ります。
(1985年〜1991年…RO、1992年〜1999年…RY、2000年〜2004年…RA、2005年〜2009年 …RL、2010年〜2014年…RC、2015年〜2019年…RO)

※イヤープレートはその年と前の年に製造されるため、バックスタンプの線の場所が違う場所にある可能性もあります。

>>バックスタンプについて

ブルーフルーテッド プレイン

ブルーフルーテッド プレイン

ブルーフルーテッドは1775年にロイヤルコペンハーゲンが開窯して最初に製作されました。 手作業で描かれた繊細で美しい模様は、工房にとって最初のパターンとなり、それが印されたデコレーションナンバー「No.1」が全てのブルーフルーテッド製品の裏側に書き込まれてあります。 パターンが作られて240年以上が経過した今でも、デンマークをはじめとした絵付師たちの技術や技能のベースであり、世界中で王道的に愛されています。 ブルーフルーテッドは縁の処理の違いにより大きく、「プレイン」「フルレース」「ハーフレース」の3種類に分けられます。

ブルーエレメンツ

ブルーエレメンツ

デンマークのデザイナー、ルイーズ・キャンベル氏により2008年に発表されたエレメンツを元にデザインされた「ブルーエレメンツ」。 ブルーフルテッド・プレインやハーフレースの模様、フローラ・ダニカのエッセンスを一つにまとめた モダンで洗練されたデザインです。ブルーフルーテッドと自由にマッチングさせてコーディネートも楽しめます。

ホワイトフルーテッド

ホワイトフルーテッド

「ホワイトフルーテッド」は、ロイヤルコペンハーゲン開窯当時から使われている浮き彫りの美しさが際立つシリーズです。長い歴史をもつレリーフは、デンマーク語で“Musselmalet”と呼ばれ、二枚貝のエンボス模様が名前の由来です。

ホワイトフルーテッド ハーフレース

ホワイトフルーテッド ハーフレース

絵付けがなく、白磁とレリーフが織りなす陰影が美しい「ホワイトフルーテッド ハーフレース」。 スタンダードなブルーの絵付けも素敵ですが、やはりお料理を引き立てるには「真っ白」が使いやすいとの声も多く ご結婚のお祝いの品としても良く選ばれるデザインの一つです。

スターフルーテッド

スターフルーテッド

一年に一度、友達や恋人、家族と過ごす特別なクリスマスディナーのテーブルを演出してくれる「スターフルーテッドクリスマス」。1783年に誕生したスターフルーテッドには、大きな赤いリボンをクリスマスハート・ドラムなどデンマークでは欠かせない伝統的なクリスマスのオーナメントがデコレーションされています。

ブルーフルーテッド フルレース

ブルーフルーテッド フルレース

「フルレース」はプレインの次に誕生したデザインで、飾り穴が豪華なピアス加工(透かし彫り)が施されています。 プレインやフルレース同様、手作業で一つ一つに繊細な絵付けが施されており、レース部分も職人の手でカットされて作られています。 ブルーフルテッドシリーズの中でもっともゴージャスなデザインです。 特別な日、来客用にも、フルレースがいつもより少し豪華なテーブルを演出してくれることでしょう。

フルーテッド シグネチャー

フルーテッド シグネチャー

2007年に、フルーテッドプレインをベースに、コペンハーゲンのバックスタンプを大胆に表面に施したロゴの引き立つシリーズ。 デンマークを囲む三本の海峡を表す波線と伝統的なエンボス加工が上手く組み合わさった遊び心満載の「フルーテッド シグネイチャー」です。

ブルーフルーテッド ハーフレース

ブルーフルーテッド ハーフレース

フルレースのデザインをモダンにアレンジして誕生したのが「ハーフレース」です。 フルレースのようなレースの装飾はありませんが、エンボス加工(浮き彫り)によって映し出される柔らかな陰影が印象的なデザインです。 ポットなどの蓋や取っ手には小さなカタツムリの貝が装飾され、繊細なレースに可愛らしさがマッチしています。

プリンセス

プリンセス

1880年代にデザインされたこのシリーズが、実際に制作されたのは100年後の1978年。 それまで名もないデザインは美しい縁取りの絵付けとレリーフが、皇族などの貴人の女性のティアラを 連想させることから「プリンセス」と名付けられたシリーズです。

ブルーフルーテッド メガ

ブルーフルーテッド メガ

伝統のブルーフルーテッドのシリーズのパターンを拡大版させた「メガ」は、2000年に登場した比較的、新しいデザインです。 誰もが知るブルーフルーテッドパターンの一部を拡大させるというデザインの提案は、伝統に新しい息吹を吹き込んだだけあって 現代的なデザインでユーモアを感じられるシリーズとなっています。

ブロムスト

ブロムスト

2018年に10年ぶりに発表したシリーズ「ブロムスト」。 デンマーク語で華という意味をもつブロムストは、白い磁器と熟練したペインターの手で描かれ 廃盤になったブルーフラワーを連想させる気品あるデザイン アイテムごとに異なる花は実在する花が選ばれ、世界的デザイナー(ヴォルター ドルク)により 牡丹やヒヤシンスなどが描かれています。

ブルーライン

ブルーライン

さまざまなライフスタイルでもフィットできる新シリーズのテーブルウェア「ブルーライン」。 名前の由来は、リムの細いブルーの線からとったものです。 このひとすじのラインは熟練のクラフトマン(職人)が、素焼きの器をろくろに置き、ある一定の速度になった時に、そっと筆を置いて、最初のポイントから筆を放すことで描かれています。 ロゴスタンプも手押しとなっており、職人がスタンプを使用する色の量やスタンプする時の圧力などでひとつひとつ異なっています。職人独自のの手作業によって作られる美しさを感じる事ができるシリーズとなっております。

ROYAL COPENHAGEN RANKING

シリーズで探す