out
 

トップ > Saint Louis

Saint Louis

Saint Louis

Saint Louis(サンルイ)

フランス・ロレーヌ地方にて生まれたサン・ルイは、1586年より続くヨーロッパ最古のクリスタルブランドです。
最初のガラス工場は北ヴォージュの小さな谷の中心部、ミュンツタールという場所に設立されました。
1767年、ルイ15世により、聖王と呼ばれたルイ9世の名「Saint-Louis」にちなみ工場は「サンルイ王立ガラス工房」の称号を授かります。

その15年後にはクリスタルの製造技法を完成、無色透明のグラスよりもより透明度の高い鉛を含んだクリスタルガラスの開発に成功し、サンルイは現代まで続く「サンルイ王位クリスタル工房」へと姿をかえていきました。
1834年にはそれまでの食器の概念を覆す、用途に応じてグラスを使い分けるといったテーブルマナーを提案し、当時の王族や貴族にとってサンルイのグラスセットを持つことがステータスにまでなりました。
以来、サンルイの製造するクリスタルガラスはグラスに留まらずシャンデリアや文鎮から始まり照明器具、花器など、専門分野を開拓し続けています。
サンルイのラグジュアリーなクリスタルコレクションは、世界最高峰のガラス工場の地位を確立し、伝統の手吹き工程を始めとする60種類もの高度な手仕事を今も遵守することから「無形文化財」にも認定され、「MOF(フランス最優秀職人)」も多数在籍する職人たちの手作業により丁寧に生みだされています。

>>続きを表示